大阪の人材派遣会社

人材派遣会社の最新人気ランキング <更新日>

第1位 ナースではたらこ ナースではたらこ
低離職率と安心サポートで定評があるのはここ!上場企業dip(ディップ)の看護師・転職サービス「ナースではたらこ」です!2011年度、オリコンのCSランキングの看護師人材紹介部門でナント第一位を獲得!
第2位 ナースフル ナースフル
リクナビ・とらばーゆ・タウンワークなどで有名な、リクルートグループの経営する、看護師の転職や求人を扱っているサイトです。登録病院件数・科目別の求人件数は業界トップクラス!
第3位 ナースパワー人材センター ナースパワー人材センター
看護師求人紹介25周年、10万人の看護師さんに選ばれているのには訳がある!転職で選ぶならここナースパワー人材センターです。全国12拠点(業界最大級)で求人紹介!好条件も希望可能なんです!

看護師の夜勤と求人情報の確認事項

看護師の夜勤は、二交代制と三交代制の二つの種類があります。

二交代制は、8時間の日勤と16時間の夜勤として設定される場合が多いです。夜勤では仮眠を取ることはできますが、16時間なので長時間勤務になります。

三交代制の場合は、日勤、準夜勤、深夜勤の3シフトに分けられ、それぞれ8時間担当します。夜勤専従だと、基本的には深夜勤を担当しますが、場合によっては準夜勤を担当することもあります。

夜勤専従を検討する場合には、1週間の労働時間について注意する必要があります。労働基準法により、労働時間は、1日8時間、1週間で40時間に制限されていますが、当直すると1日当たりの制限を超えるので、週の出勤日数を少なくして調整することになります。

また、当直は月に8日までとする国の指針もありますが、指針が守られない場合も多いのが現状です。 シフトの制度や当直の頻度などの勤務体系については、事前確認が必要です。

看護師の勤務と変形労働時間制

夜勤専従の看護師は、当直する場合など長時間勤務となることがあります。そのため、「変形労働時間制」と呼ばれる制度を適用して勤務時間や日数の調整をします。

変形労働時間制というのは、労働基準法で定める1日8時間、週40時間の労働時間を超過する場合に、週、月、または年単位で調整するという制度です。つまり、例えば週に4日間12時間の夜勤を担当すると勤務時間が48時間になり基準を超えますが、翌週の勤務を32時間にすればば調整できるということです。

看護師の求人情報を確認する場合は、この変形労働時間制についてチェックしなければいけません。前述したように、この制度は週単位、月単位、年単位で設定されますが、これは雇用形態や雇用期間によって変わります。また、当直の頻度や残業時間にも重大な影響を与えるのです。

看護師の残業時間と雇用期間

夜勤には8時間労働の三交代制と、12〜16時間労働の二交代制の2種類があり、特に当直が伴う場合には残業が求められる場合もあります。そのため、夜勤専従の看護師は、日勤より残業が多くなる傾向があります。

看護師は不規則な勤務が求められるため、労働基準法で定める労働時間を超過する場合が多くなります。そのため、「変形労働時間制」という制度によって、月単位または年単位で労働時間を調整することが多いです。しかし、職場によっては当直が多く、この制度を適用しても残業しなければならないこともあります。

ただし、時間外勤務にも厚生労働大臣の定める限度時間があり、長時間勤務が求められる夜勤専従であっても、この限度時間を超える労働はできません。

時間外勤務の限度時間は、雇用期間に応じて設定されます。そのため、夜勤専従の求人を検討する場合は、雇用期間と残業時間の具体的な数字を確認しておく必要があります。

看護師の雇用後の勤務条件変更について

看護師の人手不足は、多くの医療機関で問題になっています。特に夜勤の人材不足は深刻なので、求職する立場から見ると、夜勤専従の場合は条件の良い勤務が見つかる可能性が高くなります。

けれども、雇用後にさらに人手が不足した場合など、条件を変更して勤務日数を増やすことを要求される可能性もあります。

労働基準法では、雇用契約の条件を変更する場合には書面で提示すること、また、雇用主が一方的に変更することはできないことなどが定められています。ただし、契約書に、雇用側の都合で勤務時間や日数を変更しやすくする規定が記載されることもあるため、契約を取り交わす前にしっかりと確認する必要があります。また、仮に契約書に記載がある場合でも、本人の意思を確認せずに労働条件を変更することはできないことも知っておいた方がよいでしょう。

雇用後の条件変更については、求職情報に明記されるものではありません。そのため、面接時に、雇用後の変更に対する自分の要望や都合を明確に伝えておくことが大切です。

夜勤専従の看護師の給与

看護師の夜勤は、日勤に比べて勤務時間が長い、生活が不規則になるなどのイメージが強くて希望者も少なく、どの医療機関でも人手不足に悩んでいます。そのため、夜勤専従の看護師は、厚遇されることも多いです。

基本的に、夜勤専従の看護師の給与は、「基本給+夜勤手当」、「1回ごとの夜勤給与」、そして「基本給+1回ごとの夜勤手当」の3種類の基準で記載されます。求人情報を見て給与を比較検討する際には、こういった給与の記載方法の違いを把握したうえで、自分にとって一番条件の良い求人を探すことが必要です。

自分にとってどういった条件が「良い条件」になるのかは、雇用形態とも関わる問題です。パートタイムか常勤かによって、給与体系も変わってくるからです。基本給を重視するのか、夜勤手当を重視するのかは、雇用体系と併せて検討することが望ましいでしょう。

看護師とは?

看護師は、国家資格のうちのひとつです。医師等が患者を診療する際、患者さんへの診療や治療の補助を行ったり、療養上の世話などを行えます。また、病気や怪我、障害などで不自由な生活を送っている方々の日常生活における援助や心のケア、疾病の予防や健康の維持増進を目的とした教育などにも関われます。医療、保健、福祉など、幅広い領域で活躍できる資格です。就職先としては、従来は病院などの医療施設がメインでしたが、最近は訪問看護などでも活躍するケースが増加しています。

これから少子高齢化が本格化するのに対し、看護師の数は不足しており、不景気な中でも看護師求人は常に安定して高い求人倍率となっています。看護師の就職率も非常に高いです。社会的な要請もあり、多くの優秀な人材が求められています。